ネーミングセンスとビジネスイメージ

ネーミングとビジネスについて

商店などで商品として販売されている商品の全てに、固有の名前があるわけではありません。

例えば、世界の市場の写真などを見ると、商品だけが置かれていて、何の表示もなしにパッケージにも入っていない商品が売られている様子が見られます。

一方で日本のスーパーマーケットを訪ねてみましょう。例えば、お鍋の販売コーナーに行ってみましょう。ほとんどのお鍋に名前がついていることに気付くでしょう。

それでは当然名前がついていてもよさそうな商品を何の表示もなしに売る市場と、日本のスーパーマーケットの違いはどこにあるのでしょうか?

それは、一言で言うと市場環境の違いであるといえるでしょう。多くの消費者が生活に必要な商品を既に持っていて、しかも商品の数が非常に多い、そのような成熟した市場の中で商品を売らねばならない日本のスーパーマーケットでは、ほとんどの商品を名前をつけることによって差別化しているのです。

このことは、ネーミングという行為が非常に高度なマーケティング手法であることを示しているといえるでしょう。

だからこそネーミングには高度に洗練されたテクニックが必要なのです。

ページの先頭へ戻る